なぜ入れ歯治療では自由診療を取り入れるべきなのか?

d15d2b2d4465f1e7558ca5312b76a97c_s

入れ歯治療には自由診療と保険診療の2種類があります。入れ歯の専門医院では自由診療を取り入れているわけですがこの理由について紹介します。

 

①入れ歯に利用できる素材が決定づけられてしまっていること

自由診療だと口の型を取るにしても、製作プロセスでも提示した様な、患者さんに確かに欠かせないクオリティーを使って入れ歯のデザインをリクエストして、患者さんにフィットする入れ歯を届けるというのが可能です。

保険診療のケースでは、人工的な歯や、歯ぐきの代わりとなる部分、残った歯と入れ歯を固定しておくスポットなどなど、使える素材が制約されているので、この為に、ご飯の汚れや臭気が染み込んで、口臭になる原因に変わったり、見た目的に入れ歯と即座に認識できるみたいなものに出来上がったりと、入れ歯が合っていないことに加え多様な悪影響を及ぼすケースがあります。

 

②製作にかけられる工程や技術に限りがあること

自由診療ではデザイン・加工の時にお医者さんと技工士においてたくさんのチェックを行ない、より高い技と確実性で末永くすんなりと利用することができる入れ歯を用意しますが、保険の入れ歯は保険点数の低さから、加工にかけられる期間が定められてきます

。また、型取り後の入れ歯加工も、技工所に委託されるケースが多くて、患者さんの様子をみるのもなくて、流れ工程で期間と手間を最低限度に製作されます。これで満足いく入れ歯ができればいいですがそうとも限りません。

 

これらの理由から自由診療を行っているケースが多いのです。なので出来る事なら自由診療の入れ歯を作りたいところですね。

今回の記事で参考にしたサイト:【必見】佐野で入れ歯を作るならこの医院で決まり!